Home 事業概要
事業概要

問屋町ビジネススクールが目指す「人づくり」-目指す方法

「人づくり」の成果は、社員個人の成長にとどまらず、あなたの会社の確実な成長につながります。

 目指す方法は?

 正解がないのがビジネス界 そこに「問屋町ビジネススクール」の意義をもたせます。

~学校教育と企業教育研修の違い~
教育の全体像については、学校教育が明確なのに対し、企業教育研修は不明確です。教育目標も、企業教育研修はその時代や状況により大きく変わります。教材についても企業教育研修では企業により異なり明確なテキストはありません。さらに、最も大事な効果の測定については、試験の点数という評価がある学校教育に対し、企業教育研修では最終的に企業の業績向上につながらなければ本当の成果とはいえません。「問屋町ビジネススクール」の研修は明確な正解がない仕事の世界にこそ、その意義が存在します。

 地元講師を基本に各分野の外部機関と連携して専門講師を迎えます。

~ビジネススクールと外部機関の連携~
個別テーマの研修は、大学・専門機関など外部機関との連携し、高度職業人養成は、地元の大学・大学院に講師を要請します。また、中小企業大学校のサテライトスクールとして開講する講座など併設することも実現に向けて準備しています。さらには特定企業からの依頼により階層別教育等の研修をオーダーメイド研修として実施することも考えています。可能なかぎり地元講師を基本としていますが、地元で対応できない部分は、中小企業大学校等の講師起用も計画しています。

~階層別教育にはどのような意義があるのか~
階層別教育の代表格である中堅社員教育が対象とする中堅社員とは、広い意味では新入社員教育を終えた入社2年目社員から最初の管理職昇進直前までの最も幅広い社員層であり、職場においては第一線にあって直属上長への補佐役と後輩に対してはリーダーという役割が期待されています。本講習では社会人としての価値観を養いながら優秀な企業人としてのバックボーンを強固にすると同時に、企業の方針や現状への理解を深め、職業能力を向上させ、上長の補佐役や後輩の指導育成、問題解決能力の向上へ向けた教育を図ります。

 


オンラインにて申込を希望される場合
■会員でない方へ
 会員登録後、講座予約をしてください。
 
■会員の方はログインしてご予約ください。
(ログインされますと、オンライン申込入力欄が表示されます)